マイナンバーと就業規則

業務委託契約書 雇用契約書 就業規則 作成

就業規則 雇用契約書 業務委託契約書 各種契約書作成 updated 2018-08-09

HOME > 就業規則 > マイナンバーと就業規則

就業規則 雇用契約書 誓約書 社内規程 業務委託契約書 その他 各種契約書作成

作成・ひな型につき、お問い合わせ・購入お申込みフォームは、こちらまでお願いします。お問い合わせ・購入お申込みフォーム

当事務所へ契約書の作成を依頼される方の多くは税理士の先生をはじめ、士業の方です。

就業規則・業務委託契約書・雇用契約書・誓約書・社内規程

お問い合わせ・購入お申し込みは、お電話、メール、もしくはフォームをご利用下さい。

業務委託契約書、雇用契約書他、各種契約書、その他就業規則など作成につきご相談下さい。
090-8483-9508 (SoftBank) 土日祝可 22時まで  042-452-6477
メールはこちらまでLinkIconsr@shi-bu.sakura.ne.jp

マイナンバー(個人番号)と就業規則

就業規則 見直し
マイナンバー(個人番号)に関連した就業規則見直しにつき、お気軽にご相談下さい。

行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律

(目的)
第一条  この法律は、行政機関、地方公共団体その他の行政事務を処理する者が、個人番号及び法人番号の有する特定の個人及び法人その他の団体を識別する機能を活用し、並びに当該機能によって異なる分野に属する情報を照合してこれらが同一の者に係るものであるかどうかを確認することができるものとして整備された情報システムを運用して、効率的な情報の管理及び利用並びに他の行政事務を処理する者との間における迅速な情報の授受を行うことができるようにするとともに、これにより、行政運営の効率化及び行政分野におけるより公正な給付と負担の確保を図り、かつ、これらの者に対し申請、届出その他の手続を行い、又はこれらの者から便益の提供を受ける国民が、手続の簡素化による負担の軽減、本人確認の簡易な手段その他の利便性の向上を得られるようにするために必要な事項を定めるほか、個人番号その他の特定個人情報の取扱いが安全かつ適正に行われるよう行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律(平成十五年法律第五十八号)、独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律(平成十五年法律第五十九号)及び個人情報の保護に関する法律(平成十五年法律第五十七号)の特例を定めることを目的とする。